林家

 日本の空手道場がどんな感じか試してみる?がきっかけで初めて道場に来たのは息子が3年生の春休み、海外に住んでいるので正会員になれない息子をラッキーな事にこちらの道場で体験をさせてもらうことが出来たのです。しかし生温い海外の空手に比べ、その厳しさはかなりのもの。挫折寸前でした。それでも頑張れたのは回りの子達や先生の熱い指導のおかげで、空手が好きになりました。

二度目の体験レッスンもさせてもらいました。その時です。画期的に彼が変わったのは。夏だったので合宿にも半ば強引に参加させてもらいイギリスで3年間やっていても出来なかった形がなんと出来るようになっていて私に見せてくれたのです。今まで練習の成果なぞ見せてくれたことなんてないのに驚きました。そして自発的に練習もするようになり、こんなにも変わるものかと…。池谷先生の指導、道場に通うことが出来て出会えた先輩達の教えで変わったのだと実感した時でした。

技術的にはまだですが、これからもっと空手を好きになって精神的にも肉体的にも切磋琢磨してほしいです。

柳原家

小学二年生の息子に空手を学ばせています。年長時に入会し、もう少しで入会一年半を迎えるところです。その息子が最近、少し変わったなぁと思うことが一つあります。それは、自分で目標を立てて、それに向かって努力できるようになってきたことです。 

 人から与えられたものではなく、自分で考えて頑張って成果を出喜が少しずつ芽生えてきたような気がします。稽古で上手くいかない時や試合に負けた時に流す涙が単なる悲し涙から悔し涙に変わってきました。息子なりに自分に対する悔しさを感じられるようになったのだと思います。

 空手道の魅力の一つに、定期的な昇級昇段審査や練習試合といった成長の度合いを測る機会が多いことがあげられます。基礎体力や記述はもちろん、精神力の成長も肌で感じられます。技術の向上以上に空手道を通して人にやさしく自分に強い人間になってほしいと願っていましたから、親としてこの成果にとても感謝しています。それでも試合になると我を忘れて熱くなり叫んで息子を応援する私がいます(笑)。

 私自身は、これまで武道とは全く無縁でした。ですから、武道を通して人間教育をしていただけることがこんなに素晴らしいとはまったく知りませんでした。

人一倍子どもの好きな先生方のもとで愛情いっぱいに、そして厳しい稽古を受けることで日々息子が成長していき、私は息子の姿をいつも微笑んで見ています。このような道場の雰囲気は、道場のHPや先生のブログを見て頂ければご理解いただけると思います。しかし、一番は実際に稽古をしている姿を見学されることをお勧めします。