2019秋季杉並区大会

2019/9/29(日)

秋季杉並区大会が日大鶴が丘高校にて行われました。

 

当会からは、初めて大会に参加する選手、ベテラン選手など総勢42名がエントリー。大会最多の21表彰という結果になりました。終日応援してくれた保護者の皆様ありがとうございました。


勝った人へ

どんな大会でもそうですが、エントリーをしている選手の半分が初戦で散っていくわけで、決勝戦に残って沢山の人から注目を浴びる選手はごく一握りです。メダルマッチで活躍する選手の姿を見て素直に感動する一方、陰で泣いている選手のことも決して見過ごせません。もっといえば、勝った選手達は、負けていった選手たちの想いを受け止めて懸命に戦って欲しいと思うのです。彼らの念を己の力に変えて、、、その方がきっと強くなれると思うのです。それが勝者の責任だとすら思うのです。

 

負けてしまった人へ

さて、次は負けていった選手達に向けて島崎藤村(しまざきとうそん)の詩を紹介します。運動会をテーマにしたものですが、コーチが君たちに伝えたいことが沢山入った素敵な詩です。

 

 

きみたちの力いっぱいやる演技がみたい。

感動をよぶ ひたむきで

まじめな姿がみたい。

自分をごまかさず あまやかさず

正々堂々と最後までやりぬく姿は美しい。

強くなくてもいい。

速くなくてもいい。

上手でなくてもいい。

そして負けてもいい。

しかし 絶対に許せないのは

中途半端なやり方とずるい根性。

全体の美をそこなう行為である。

 

 

これは、大会当日に限った話しではありません。

日頃の稽古でも一生懸命に力いっぱい頑張って欲しいと思います。結果は後からついてきます。


才能は要らない。

天才は居ない。

ただ努力あるのみ。

ショー・コスギ

 

最後に聖基館選手はもちろん、杉並区の選手達全員に向けて一言。

 

 24年前、私がかつて空手を始めた頃のことを思い出してみると、君たちの方が遥に才能に恵まれていることがわかります。その差は圧倒的です。私はずっとショー・コスギの言葉を信念に空手を続けてきたわけですが、才能に溢れる君たちには私の何倍も努力をして、その可能性を最大限に開花させてほしいと願っています。

 

才は種。

育てるは努力。です。

 

素晴らしい戦いの数々をありがとう。

これからも頑張ってください。

コート長と広報の仕事でほとんど写真をとれませんでした。ごめんなさい。

面談・体験入会受付中

【受付時間】日曜祝日を除く12:00~


【事務所】166-0013 東京都杉並区堀ノ内3-9-14 suginaikarate@gmail.com