達成感には努力が不可欠

求めるところの『楽しさ』にはクラスによって違いがあります。

初級クラスの選手には純粋に体を動かす楽しさを感じてもらえればと思っています。

中級クラスには達成感を伴う楽しさ。

強化選抜には、苦しかったりキツいこともひっくるめて楽しいと思えること。

 

達成感を得るからには、面白いと思えることや、楽しいと思える内容のみ積極的に取り組むのではなく、キツいと感じることを意欲的に取り組む

姿勢が必要不可欠です。そういう意味で中級に求めるところと強化選抜に求めるところは類似性が高いと言えます。

 

苦しいこにこそ手を抜かず取り組むことが努力なのだと思いますし、努力の先にこそ達成感があり、その達成感を土台に苦しさを含めて楽しいと思えるようになるのだと思います。


アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンクレジットカード比較婚約指輪サーチネオサイトワンデー