大会参加って、実は敷居の高いものじゃない!?

空手の大会。

 

初めての人は、この響きだけで少し構えてしまうかもしれません。

 

でも…

中野の教え子達と。in 国立大会
中野の教え子達と。in 国立大会

でも、実はそんなに身構える必要はありません。

 

まったく怖いものではないし、上手な人だけが参加するわけでもありません。

 

予選会を開催するような大規模なものは別として、だいたいの場合はエントリーさえすれば出場できるのです。

 

いわば、ちょっとした空手のお祭りです(こんな事言ってしまうと怒られるかも…)

SKCとして初の大会参加。応援に柳原親子。感謝
SKCとして初の大会参加。応援に柳原親子。感謝

空手の大会は、いろんな年齢の人、いろんなレベルの人が、それぞれの目標を持って参加します。(白帯の人も、園児も、シニアも本当に色んな人が)

 

ですから大会参加の意義は、決して勝ち負けだけではありません。

 

 

 

大会に参加すると日々の稽古の成果を実感できます。

 

明確な目標ができます。

 

勝って喜んで、負けて悔しみ、またそれを励みにします。

つまり、最初のうちは参加する事に意義があるのです。

 

参加すれば必ず見えてくるものがあります…。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆の日々の頑張りを知っている私だからこそ、その成果を存分に発揮できる大会に出場してもらいたいと切に願うところであります。


アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンクレジットカード比較婚約指輪サーチネオサイトワンデー