平成30年度鏡開きお知らせ

平成30年度鏡開き(稽古始め)のお知らせ。

 

 本日の稽古から随時資料を配布致します。

資料は本部道場の配布物BOXにも設置致しますので各ご家庭必要枚数分お取りください。

また、当会の会員でなくともご参加頂けますので空手に興味のあるお友達などお誘い頂ければ幸いです。

 

ダウンロード
2018鏡開き案内.pdf
PDFファイル 565.8 KB

アイロンビーズと赤子の感触。

『先生、好きなディズニーのキャラクタは何ですか?』

 

というのは、初級生徒の唯ちゃんからの質問。株式会社オリエンタルランドは、それほど好きではないもののディズニーキャラクターにはそれなりに思い出がある。

続きを読む

稽古雑感20171121(火)

 火曜日は和田小体育館で自主練稽古。

怪我から少しずつ復帰に向けて調整している優人を始め、それぞれに目的を持って自分の稽古に取り組みます。まさかナツキが道衣に袖を通すことになるとは…。有り難いですね。当分は兄ちゃん姉ちゃん達の世話になることになるでしょう。

続きを読む

予防接種とアンパンマンとキノコルゴンとバードバス。

インフル予防接種

インフルエンザの予防接種、ワクチン不足でなかなか予約ができない状態が続いていますね。

11月21日午前中の時点で、この界隈では佼成病院、堀ノ内クリニックともに予約締切。

和田堀診療所にはワクチンがありました。

続きを読む

2017秋季杉並区大会

 

 2017年11月12日(日)、日大鶴が丘高校で秋季杉並区大会が行われ、当会からは33名が出場。21表彰の結果となりました。ご父兄の皆様、運営に携わって頂きました審判の先生方などありがとうございました。

続きを読む

After karate before karate

 道場開設当初の写真を見つけた。思い出の子ども達がみんな可愛い。

でも、今はあんまり可愛くない。嘘。いつまで経っても可愛い。

 

 成緒の右後ろに見切れているのは大輝。最近の写真を撮影後、改めてアップしようと思う。大輝の顔立ちはほとんど変わっていない。今のまま全てが小さくなっている感じ。めちゃ可愛かった。

続きを読む

女子美祭とパンケーキ、HWクッキー

10月21日(土)

 稽古前の時間を使って女子美祭へ。

まだ先の話しですが、物作りに興味のある己咲にとって進学先を考える材料になるのかな?美大やその付属学校の空気に触れられれば良いな。ということで。

 

 ところで、今の選手達がいつまで空手を続けてくれるかは未知数です。

きっと統計的には、私のように20年以上空手の道を歩む人は100人に1人もいないでしょう。

いずれは旅立って行くことを心の中に留めながら、今できることに本気で取り組めれば幸いです。本当はいつまでも一緒に稽古をしたいのですが、それは私の勝手な気持ち…。

次のステップへ進むポジティブな旅立ちなら、その背中を押してあげにゃ…。

それが空手の道でなくともですね。ただ、空手から離れたことを後悔しないような卒業の仕方、その後の活躍を願ってはいます。

 

同行してくれた女子美卒業生のIさん、ありがとうございました^^

続きを読む

そういえば…

東京都障がい者大会の写真がありました。

せっかくなので載せておきます。全二枚。

すんごい良い写真なので。

 

写真提供 KARATE PRESS 様

続きを読む

稽古雑感20171005

20171005(木)中級

最近の木曜中級は少数で濃密な稽古をしています。

続きを読む

稽古雑感20171011

20171011(水)

和田小学校体育館での中級クラス稽古。

外耳炎から最近復帰したゴシが通うクラス。休んでいた分を取り戻すがごとく集中して稽古しています。頑張れ~。

続きを読む

稽古雑感20171014

20171014(土)

土曜日の稽古は初級&中級クラス。

ちび達が集まって一生懸命に中級の先輩達と一緒に稽古をしています。

上を知ることは、目標を持つ上でも広い世界を知る上でも大事なこと。

お手本となる先輩達がいることに感謝しよう。

続きを読む

関東大学見学

2017年10月9日(月・祝)

日本武道館で行われた第60回関東大学空手道選手権大会に見学へ行きました。

若葉空手道教室の野倉先生と遭遇。久しぶりでした。

 

毎年、関東大学の前日は国際武道大学の卒業生会が同会場で行われます。

区連の審判講習会を終えて直接会場へ向かった私は唯一の審判服…。

母校は日大と対戦。本当に悔しい結果に終わってしまいました。

 

また来年。

続きを読む

稽古雑感20171008審判講習会

2017/10/08(日)

 杉並区空手道連盟主催、審判講習会が全日本空手道剛柔会本部道場で行われました。

当会からさ田村成緒、酒井杏、市川広大の三名が選手として。橋場孝之、川下耕平、池谷正基の三名が審判として講習会に参加しました。

続きを読む

稽古雑感20171006

10月6日(金)

初級クラス17:00~18:15

強化選抜クラス18:00~21:00

 

初級クラス、新しい仲間たちがわんさか。

この日は掃除と準備運動の時間でカメラを連射。

こども達の笑顔を撮影したくて雰囲気を作りました。

やはり子どもは感受性が高い…。

誰かが笑っていれば自分もなんだか楽しくなったりしますね。

 

本格的な稽古が始まると目が変わりました。頼もしい限り。

初級は楽しく頑張って欲しいと思います。

続きを読む

13回全日本障がい者大会三連覇。

2017年9月30日(土)

東京武道館で第13回全日本障がい者空手道選手権大会が開催され、当会から東京都代表で出場した橋場孝之選手が形・組手にエントリ。見事、両種目で優勝しました。紛れもない日本一。

続きを読む

38回秋季八千代大会

9/10(日)八千代市市民体育館

38回秋季八千代大会に参加してきました。

酒井杏は形・組手ともにベスト8です。

川下さんは有級でベスト4まで残りましたね。

橋場さんは形で準優勝。おめでとさん。

続きを読む

ご見学について

道場では、ご父兄のご見学をできる限りご遠慮頂いておりましたが、今月から見学可とさせていただきます。選手達がどのような姿勢で稽古に取り組んでいるのか、或いはどのような稽古を行っているのかなど、ご父兄の皆様が空手道を身近に感じて頂けるようになればと思います。

 

見学の際にご注意頂きたいことを下記にまとめます。よろしくお願い致します。

・携帯電話など音の出る機器は電源を切るかマナーモードなどにご設定お願いします。

・選手達が稽古に集中できるよう、ご父兄のおしゃべりなど控えめにお願いします。

・動画、写真などの撮影及び録音などはご遠慮お願いします。

・休憩中も含め、道場内では選手との接触をできる限りお控えください。

・赤ちゃんが泣くのはまったく問題ありません。運動中に遊び回ったりすると危険ですので、  

 それはご注意ください。

 

共通しているのは、選手達が集中できる環境作りにご協力お願いします。ということですね。

よろしくお願いします。

マサト、イギリスへ戻る。

約一か月間一緒に稽古に励んだマサトがイギリスに戻ります。

春に続いて今夏は合宿まで参加したマサト。短い間だったけど楽しい時間が過ごせました。ありがとう^^

 

次会えるのはまた来春??待ってるぞ~。

 

 

高円寺阿波踊り2017

2017/8/27(日)

久しぶりに空手関係の予定が入っていない日曜日。

青木兄弟が高円寺阿波踊りに出演するとのこと。観てきた。

 

続きを読む

スケジュール更新。阿波踊り。

久しぶりに予定の無い日曜日。

こういう日曜日が出てくると夏の終わりを感じる。

午後から事務所で9月スケジュールお更新作業。火・水の予定は和田小からの返答待ち。

取り急ぎそれ以外の日程をgoogleカレンダに反映。

 

昨日今日と、高円寺の阿波踊り。

青木兄弟が菊水連で夕方から踊るはず。

見に行こうっと。

2017全中

2017/8/18~20(山梨県小瀬スポーツ公園体育館)

 

 まず、この舞台に生徒を輩出できなかったことを残念に思う。

全中の予選会は、全少予選に比べて出場者数が格段に少ない。が、その分レベルの高い選手ばかりである。ここに個人種目で出場してきている選手達が青春のほとんどを空手に費やしている。なにか一つでも本気で打ち込めるものがある彼らはきっと幸せ者だろう。空手を通じて色々な経験をして豊な人生を歩んでいってもらいたいと、泣いたり喜んだりしている選手達を観ながら切に願う3日間であった。

続きを読む

更新ブログをFBページでも観覧できるようになりました。

 更新したブログをフェイスブックページでも観覧できるようになりました。よろしくお願いします。

続きを読む

2017夏季全体合宿

 2017年8/7~8/9、コニファーいわびつ(群馬県吾妻郡)で夏季全体合宿を行った。

今回はなかなかの過密スケジュールの中で決行した夏季全体合宿。スタッフ参加の吉澤さん、お手伝いで来てくれた酒井さん、一般参加者の大人の方々にサポートして頂きながら怪我人なく終えることができた。感謝。

続きを読む

第31回東京都中学生大会

2017年7月23日(日)

 強化選抜クラス夏季合宿前日。東京武道館で第31回東京都中学生空手道選手権大会が開催された。当会の阪田優人がエントリ。初戦から順調に勝ち進み第三位に入賞した。

 

 このところタイトルの取れない試合が続いた優人には、先日の全中予選敗退から二つの課題を持って稽古に臨んできた。一つは集中力(ゾーンに入りやすい、また、ゾーンを切らさない)。もう一つはステップによる間合いのコントロール。それぞれマスターはできなかったが、2か月前とは明らかな違いがあったと考える。私がウォームアップに同席したことも良かったのかもしれない。とにかく今の彼が持ち得るポテンシャルを満足できるレベルで発揮できたこと、大きな怪我もなく試合を終えられたことを神様に感謝したい。

 

 準決勝で対戦した足立区の庄山選手は私の大好きな山田沙羅選手の教え子だそうな。

庄山選手は安定した実力で優勝していた。とは言え、やはり圧倒的な力の差があるわけではなく、優人が勝てない相手ではないはずである。

 

優人、ウォームアップは試合の一部です。

それなりの緊張感を持って、計画を立てて貴重な時間を過ごしてください。

更なる躍進を願っています。

 

最後となりましたが応援に来てくれた強化選抜選手の小学生たち。律。保護者の皆様、お忙しいところ会場へお出で頂きましてありがとうございました。

また、大会運営と審判団の皆様、杉並区の先生方、全ての関係者の皆様、ありがとうございました。(優人の配置された第二コートは、関根先生、柿木先生、川上先生など素晴らしい審判団に恵まれました)

続きを読む

強化選抜クラス夏季合宿

強化選抜クラス夏季合宿に来ている。

期間は7/24~7/27。明日が最終日。

続きを読む

若葉空手道教室様&練心会様&杉並空手道クラブ 合同稽古

先月の若葉空手道教室様との練習試合に続き、今回は畏れ多くも姉妹道場と呼んで頂いております練心会様と三団体で合同稽古を行いました。各道場10名ずつ程度の小学生中心が集まって貴重な時間を過ごせたことに感謝。ありがとうございました。

続きを読む

稽古雑感【木曜初級クラス&強化選手山梨遠征】

2017/07/13(初級)

続きを読む

雑感~わりとどうでも良い話し~

稽古とは関係ないお話し。

わりとどうでも良いこと。

 

15年前の自分の写真が出て来てショックを覚えた話し。

 

あっという間に老けてしまったんだと。

 

選手達が成長していく日々は、私にとっては老いの日々。アンチエイジングの日々。

 

膝がもつ限り現役続けるぞ~。

5年後のマスターズは優勝するぞ~。

それまでに一度は東京都選考会に合格するぞ~。チャンスがある限りガンガン試合に出場するぞ~。

 

そんなふうに考えていますm_ _m

稽古雑感6/12

稽古雑感6/12

先日の練習試合。動画を使って振り返り。

気付けば今年も半分というところ。

後半も頑張れ杉聖キッズ!

 

練習試合ー若葉空手道部

 6/10、立川市の若葉空手道部様が本会にいらっしゃいました。

2時間ほどの稽古時間内でチビッ子たちから小学生高学年まで試合形式で組手を行います。

こういうのは本当に大事です。こればかりやっていても復習や振り返りの時間が足らなくなるので駄目なのでしょうが、2か月に1回は本当はやりたいものですね。

 

沢山の子ども達が集まったので記念写真を撮ろうと思っていたのに忘れてしまったのは、池谷らしいミスです…。

 

全てではありませんが動画がありますので選手の皆さんは参考にしてください。

 

夏の間にもう1回、2回くらいは練習試合に行きたいですね。

ご父兄の皆様ご協力ありがとうございました。

若葉の選手達、再会を楽しみにしています^^

続きを読む

一般部も頑張っています。

当会一般部。大人もなかなか頑張ってます。

その日の組手をビデオで見直しています。

組手→ビデオ→組手→ビデオ の繰り返し。

自分の動きを客観視。そして次へ。

大事です。

柳原家の姫様

頑張れ なっちゃん。

続きを読む

夏先取り。

生後1月半くらい

櫻木さん(当会一般部の生徒さん)のお店、birdbathにてお昼を頂いた。看板猫の様子を見に。『にゃる』と『ねっころ』の二匹は生後1月半。

前回の観察から約1か月。すっかり猫らしい姿形。なかなか人懐こい性格に育っているようだった。

続きを読む

東京都空手道選手権大会2017

2017年、5月28日

東京武道館で第31回東京都小学生空手道選手権大会が開催され、当会の強化選抜選手3名が出場。

 

結果

田村成緒 4年生男子形  第3位

     4年生男子組手 2回戦敗退

 

佐藤小春 4年生女子形  ベスト8

     4年生女子組手 初戦敗退

 

酒井杏  4年生女子形  2回戦敗退

     4年生女子組手 初戦敗退

 1年前からこの日を目標に稽古に励んできた田村成緒、4年男子形競技に出場。万全な体調とはいえずとも、これまで積み重ねてきた努力は嘘をつかなかった。初戦から徐々に調子を取り戻し、準決勝では増岡煌貴選手と対戦。稽古してきた観空小を演武するも4対1で敗戦。結果、昨年と同様3位になった。来春の東京都ジュニア強化選手選考会と全少出場を目標にまた新しい1年を過ごしてほしい。

 

今回、初めての出場となった女子2名。

佐藤小春は4年女子形で4回戦敗退。ベスト8に入賞。

今回出場した選手の中で最も稽古通りに演武できたのが佐藤小春。

この結果が、まさに彼女のいまの実力であった。

 

組手、形ともに成長が観られる佐藤選手。新しい道衣を購入することになったのは5月の上旬だったか。さんざん迷ったあげく、形用道衣を購入。組手も頑張ってもらいたいと思うが恐らくは形競技にシフトしていくことになるだろう。来年はもう一つ上のベスト4を目指して頑張ってほしい。

 

酒井杏の組手初戦敗退。これは、今大会で最も悔しさを感じた試合の一つ。

もはや言葉にはできない。なぜあんな結果になってしまったのだろうかと一晩過ぎた今でも煮え切らない想いが胸の中でうごめいている。来年はベスト8以上を必達目標い頑張ってほしい。

 

 

全中予選出場した阪田優人を始め、全力で取り組んでいる選手達を本来到達できるはずであろう結果に導くことができなかった今年。この責任の大半は私にある。

稽古指導の難しさや自分の未熟さを痛感している。

 

ふだんから生徒達に言っている言葉

 

『何をしたかより、その経験が生きているか』

 

改めてに自分の心に念じている。

この結果を、この経験を絶対に無駄にはしないと思っている。

 

 

当日応援に来てくれた道場の仲間たち。

終日つきそってくれたご父兄の皆様。

審判団の先生方。

関わってくれたすべての人達にご報告と感謝の気持ちを込めて。

 

2017年5月29日(月)

池谷正基

 

全中予選

5/21日、江東区スポーツ会館で全中東京都予選大会が行われた。

当会からは阪田優人一名がエントリー。

結果は一回戦敗退と大変厳しい内容であった。

 

新ルールに対応しようとする気持ちが選手本来のパフォーマンスを発揮するのに弊害となったと考える。勝ち負けの前にベストを尽くすこともできなかったことにつくづく指導の難しさを痛感する。

 

選手本人にも、選手を扱う指導者としても学びがあった。

これを糧にしければ失敗は失敗のまま。

失敗を成功に変えるために現実を直視しつつ、その先を観て今後の稽古に励みたいと思う。

オリパラフラッグツアー演武参加

オリパラフラッグツアーで演武してきました。

続きを読む

国立大会参加

国立大会

続きを読む

母校遠征

6時半の電車に乗って、終電で帰宅。荒川先輩、藤本先輩と稽古後に色々なお話しができるなど貴重な時間を過ごせました。

 

久しぶりにお顔を拝見した松井部長から『すごい道衣着てるね』と言われました。

大学へ行くのは毎回祝日なので小林敬三先生に再会叶わないのが残念なところ。

続きを読む 0 コメント

進級組と桜花大会

4/30の桜花大会、5/1の稽古についてご報告いたします。

続きを読む 0 コメント

二匹のうまれたて猫。

続きを読む 0 コメント

杉並区大会&全中選抜

 2017年3月26日、杉並区荻窪体育館にて春季杉並区空手道選手権大会が開催され、当会から約40名の選手が活躍しました。昨年に比べて表彰は少なくなったのかな?という感じですが、それぞれに課題をもって挑んだ今大会、良い糧にしてくれればと思います。

続きを読む 0 コメント

杉並区スポーツ栄誉顕彰受賞m_ _m

2017.3.10(金)

杉並区役所にて平成28年度杉並区スポーツ栄誉顕彰授与式が行われ、当会強化選抜クラスの田村成緒選手(東京都三位、関東出場、全少ベスト16)が受賞しました。

 

 強化選抜の稽古日でしたので仲間も式典に参加。『私もあそこに立ちたい』と刺激を受けてくれた様子でした。しめしめ。狙い通りであると。

 

 日大鶴が丘高校の尾野選手(インターハイ準優勝)にも会場で会えたのでご挨拶をしたところ、気さくに写真もご一緒してくれました。ありがとうございました。

 

春季杉並区大会まであと2週間。

みんなも表彰を目指して頑張ろう!!

 


 

区長は想像していたより黒かった…。

続きを読む 0 コメント

雑感

 時間ができた時は、区の公共施設で読書をすることがある。寒さと強い風のせいでご無沙汰ではあるが暖かい季節は済美山グラウンドも利用したりする。

 

毎月?更新されるアンパンマンの絵が観られる

のは和田区民集会所。これがめちゃ可愛い。

私の密かな楽しみの一つである。

アンパンマンの寝顔は、どこから齧っても絶対に美味しいことが容易にわかる。

そして注目はカレーパンマン。

キュン死に寸前である。

 

1/15(日)、毎年恒例の全国道場選抜大会が行われた。この大会でライバル達の仕上がり具合をチェックするのは、重要な私の仕事の一つである。そういうわけで、私自身は今回エントリーをしなかった。

 

今回の結果を受け止めて、選手それぞれが自分に不足している点を自覚して稽古に励むきっかけとなってくれれば良いと思う。

 

 

 

 

 

写真には写っていないが、応援に大輝が来てくれたことがとても嬉しかった。

 

さあ、春季杉並区大会、全中選抜まであと2か月。東京都選手権まで残り4か月。

ただの一日も無駄にはできない!!それぞれに目標をもって今年も頑張ろう!!!

続きを読む 0 コメント

雑感-年末年始

2017年も稽古始動から2週間が経過しています。

気付かぬうちに2月になってしまいそうなわけで…。

今年も益々一年が早く感じることになりそうなわけで…。

今年はスペースの課題を解決できず鏡開きを開催できずに申し訳ありません。ご父兄を含めると100人を超える参加者が見込まれるため、もはや本部道場では開催不能なのです。来年はもう少し考えます。

 

そんなわけで生徒達はヌルっとした流れの中で各々が稽古を始めたわけでsが、思いの外、全員がよく頑張っているなと思います。

続きを読む 0 コメント

もうすぐ年内最終稽古

早いもので2016年も終わりが近づいている。

 

今年の最終稽古は12/28(水)和田小学校で19時スタート。

帰郷している生徒も多数。残っている人は最後の稽古でビショビショに汗をかいてもらおうと思っている。

 

 

 

さて、年が明けると杉聖開設丸四年ということになる。

一人の生徒も居なかった四年前…

今は60名。

 

独身だったあの頃…

結婚はまだしていない。

 

橋場選手の全日本二連覇、田村選手の全少出場、阪田選手の全中出場。

この短い期間での戦績は、客観的に観ると十分すぎるくらい。

とはいえ、まだ目指すべき『先』はある。

彼方の未来を夢見て、今日という一日いちにちを一生懸命に生きる。

来年はそんな一年にできたらと思う。

 

続きを読む 0 コメント

アスリート魂 喜友名選手

 二年前、東京五輪関係の撮影でご一緒させて頂いた喜友名選手。

先日、アスリート魂で特集されたと櫻木さんから聞きました。

四年後に期待。その頃には彼も30歳。怪我に気を付けて。

0 コメント

全日本選手権チケット。お早めに。

残数わずかですが、12月11日の全日本選手権大会チケットあり〼。

会場は日本武道館。今回は記念すべき第一回天皇杯・皇后杯。陛下も来場するそうな。

年に一度の一大イベントですから、ぜひ行ってみてください。

 

チケットが必要な方は池谷まで。

0 コメント

彩の国親睦大会&東京都シニアオープン


11/27(日)

 彩の国親睦大会と東京都シニアオープン。両大会ともに毎年参加させて頂いている。

今年は日程が重なったため、池谷は子ども達が参加する彩の国親睦大会へ。

 

 東京都シニアオープンの報告はまだ受けていないためにコメントが難しい。

ただし、ビデオを観る限り柳原選手も松本選手も今の実力を発揮した結果であると感じられる。

これを経て自分の空手にどんな変化を加えていくか。それは選手次第。

 

 彩の国親睦大会は個人戦に11名のエントリ。

団体戦は小学生低学年、小学生高学年の2チームと阪田優人が別道場から参加。

結果、全ての選手が初戦か二回戦で敗退することとなった。今はこれで良い。

この大会を通じて学んでもらいたいのは、こういった世界があるということ。

井の中の蛙ではなく、一歩外にで出て広い空手の世界を体験してもらいたいと思う。

 

 さて、この大会で優勝するような選手達と当会の選手達との差はメンタル面が強いと思う。

空手に対してどれだけ真剣に向き合っているのか。あの会場にどんな気持ちで来ていたのか。そこにどれだけの覚悟があったのか。そんな精神的な部分をトップ選手達と比べて欲しい。親御さん達も同様。選手の『勝ちたい』という想いを力強くサポートして頂きたいと思う。

 

全ては、選手のために。

 

0 コメント

稽古雑感11/19

2016/11/19(土)の稽古。

私は時々こどもで遊ぶ。

 

大切なお子様を預かっておきながら、それで遊ぶ。可愛いから仕方ない。

 

最近は颯汰で遊ぶ。

この子は色々とリアクションが大きくて面白い。

 

真剣に注意するとボロボロ泣く。

くすぐると大声で笑う。

そして新たな発見。

 

髪の毛を結ぶと女の子みたいになる。

 

 

 女の子と言えば、最近は女子が増えてきている。実力も男子顔負け。実によく頑張っている子が多い。

 

 

 今週末の彩の国親睦大会では、男子に交じって小春が団体戦レギュラーメンバーとして出場する。良い経験になると嬉しい。惜しくもレギュラー選考から落ちてしまった選手達も逆に火がついた模様。急成長している。週末の大会が良い糧になるよう祈っている。

0 コメント

秋季流山市空手道大会

11月20日(日)、第50回流山市空手道大会がキッコーマンアリーナ(旧流山市民体育館)で行われた。

当会としては初参加の今大会、11コート延べ1700名以上のエントリ。明桜塾、足立一友会、勝山会、国立会、正武館など歴史ある強豪道場が目立った。そんなトーナメントの中、一番選手の多い種目では8回勝たなければ優勝できない…。

 

 当日エントリー可能という珍しい大会でパンフレットに記載されているトーナメントと実際は大きく異なる対戦が繰り広げられた。進行スケジュールも公表されないのでキッチリ引率指導をしようとすると10時間くらい体育館内に軟禁される。アップのタイミングも難しい。中学生の阪田選手には会場に沢山の仲間がいたのでそちらに任せたm_ _m

 

この規模の大会をあの手法で運営している実行委員会や係員のマンパワーには頭が下がる…。

感謝したい。

 

当会からは強化選手二名のエントリー。

田村成緒

三年生形優勝、三年生男子組手3回戦敗退。

阪田優人

中学1年生男子組手準優勝。

 

全少・全中トップクラスの選手がひしめく中、これだけの成績が与えられたことは素直に喜ぶところではあるが、それよりも二人が課題としっかり向き合って怪我なく参加できたことに感謝したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れた。

 

続きを読む 0 コメント

杉聖マスコット 『さるきち』 をよろしくお願い致します。

杉聖のマスコットキャラクターが決まりました。

名前は さるきち です。

 

ところどころで登場する予定です。

可愛がってくださいm_ _m

よろしくお願いします。

0 コメント

稽古雑感10/31

 月曜日の稽古は初級、中級、一般強化の三種類。

初級&中級は本部道場で稽古を行っていて、稽古が重なる15分は貴重な時間です。

初級の選手には『いつか中級にいくんだ…』そんな気持ちを持ってもらえるチャンス。

中級選手たちは『やばい。追いつかれる…』そんな自覚をしてもらえるチャンス。

 

 これからも良い緊張感をもって頑張って欲しいと思います。

0 コメント

吉祥寺シェーキーズ

10月30日(日)、道場の上級生を連れて吉祥寺シェーキーズに行ってきました。

上級生は道場では少数派。親睦を深めて互いに切磋琢磨するきっかけになればと思います。

 

 吉祥寺シェーキーズは私にとって思い出の場所。

調度この子たちの同じ年齢の頃にフリースクールのスタッフと一緒に行きました。

関西出身のイケメンスタッフ、ジュンちゃん。元気にしているでしょうか…。

シェーキーズはピザ、パスタ、カレー、サラダなどのバイキングが楽しめます。

続きを読む 0 コメント

稽古雑感10/26

 学校行事で和田小体育館を使用できなかった水曜日。久しぶりに和田区民集会所を利用させて頂きました。

 

瑛人。挨拶も早々に

 

『先生、これ、書いてもらいました。フユニャンです』

 

と進んで報告。

 

 

はい。ありがとう^^

 その日、新しい拳サポのサイズ確認のため、滝本からLサイズを借りて装着した大輝。キカイダーを思い出しました。めちゃ懐かしい。キカイダー、ギャバン、スピルバン、シャイダー、好きでしたね。

 

若さ、若さって、なんだ~♪

振り向かないことさ~♪

愛ってなんだ。ためらわないこーとーさー♬

 

 

 

知ってるあなたは35~40才?


0 コメント

新しい雑巾

雑巾作り完了です。10枚を祖母に。もう10枚を私が。

今回は酒井さんに大量のタオルを頂きました。ありがとうございました。

カエルの雑巾が可愛い。

新しい雑巾を使って道場をキレイに使いましょう^^

0 コメント

平成28年度秋季杉並区大会

聖基館 過去最多29表彰

続きを読む 0 コメント

Asabi festaにお邪魔しました。

 9月から当会に来ている交換留学生マリ・シャランドルさんからお誘いを頂いて阿佐ヶ谷美術専門学校の文化祭にお邪魔してきました。なるほど。芸術の秋ですな。と。

 

マリさんは来年の2月頃まで日本に滞在します。

続きを読む 0 コメント

全日本、二種目二連覇!

2016年10月15日(土)東京武道館にて第12回全日本障がい者空手道選手権大会が行われ、昨年に引き続き橋場選手が二種目を制覇。二連覇を達成しました。

 

 橋場選手が出場する種目は知的障害部門ですが、実際、彼の場合どちらかといえば発達系のハンデを持っています。出場選手が増えて種目区分がもう少し分かれていっても良いのかな。とも思っています。

 

 今回、橋場選手は道場名ではなく社名を胸に戦いました。

一部上場企業、クラリオン。私より上の世代の方は『クラリオンガール』と言えばきっと分かってもらえるのではないでしょうか。

 

 昨年10連覇のかかった選手を抑えて優勝できた橋場選手ですが、今大会ではさらに強敵が一人現れました。一つ下のクラスで5連覇を達成し、鳴り物入りで繰り上がってきた越川選手。彼のセーパイはとても上手でした。若い選手ですからノビシロがあります。来年は更に磨きをかけてくるでしょう。橋場選手も冷静な組手を心掛けることを念頭にこれからの一年間を過ごしてもらえればと思います。

 

ハンデがあろうとなかろうと選手は皆、一人の空手家だと私は考えています。

また来年ライバルたちとの再会を願っています。ありがとうございました。

続きを読む 0 コメント

秋季杉並大会ゼッケン番号

各自、ご確認ください。

0 コメント

運動会シーズンと cafe birdbath

10月2日(日)

この日は和田小学校、済美小学校などで運動会が行われました。

久しぶりに小学校の運動会を観て色々と勉強させて頂きました。

 今回お邪魔させて頂いたのは済美小学校。

玉田くん、山重さん、松本くん、髙橋くん、根方くん、田村くん、酒井兄弟、清水くんなど沢山の道場生が汗を流して頑張っていました。でも、普段の稽古の方が汗いっぱいでしたね(笑)

 

それにしても学校運動会というのは、先生たちの連携がよくできてらっしゃる。

生徒たちの頑張りはもちろん、先生たちのチームプレーと組織運営力に頭が下がる思い…

来年は大宮小や和田小にもお邪魔したいですね。

ご父兄の皆様、お疲れ様でした。

 

続きを読む 0 コメント

8月の全少記念写真が届いたので、

8月の全少記念写真が届いたので、簡単に座布団を敷いてテキスト入れをしてみました。

 

 こういった編集写真をこれまでにいくつも作ってきました。大会の度に写真さえあれば作って印刷しています。おかげで私の自宅兼事務所の壁は十数個の額縁で埋まっています。

 

 この杉並の地に常設道場を建てることが一つの目標なのですが、それが叶ったあかつきには生徒の写真や賞状、カウントダウンバナーなどを設置したいものです。

 

今度の秋季区大会でも生徒達の努力が報われて写真や賞状が増えますように…。

 

常設道場は夢のまた夢なのですが、もしかすると年内に小さな小さな事務所を構えることになるかもしれません。

事務所ができれば、昼間はそこで映像編集や事務作業をするつもりです。場所などが決まりましたら改めて会員の皆様にはご通知いたしますのでお気軽にお寄りくださいますよう。

続きを読む 0 コメント

奇跡的な今。杉並大会まで、あと25日。

古田結真、根方吾士基、髙橋慶。

 

 この三名の二年生は、聖基館の次世代を担う華の三人組である。来年の今頃、もしくは遅くとも彼らが小学校を卒業するまでにこの中からエースが生まれるかもしれない。また、それぞれが良きライバルとなって互いを高め合うことだろう。ここには敢えて記さないが他にも可能性を秘めた選手が多くいる。形の絶対的エース田村成緒や地道に努力を重ねてきた柳原大輝のような一期生の存在も大きい。二、三期生には目指すべき先輩達がいるのだから、実に恵まれている。一期生達にはそんな存在がなかったのだ。また、東京都ジュニア強化選手である阪田優人の加入も強い影響力を持つことは言うまでもない。

 

 ゼロから始めた聖基館がわずか3年で東京都から全少選手を輩出し、上が下に抜かれまいと意識したり下が上を抜かんと稽古に励む文化ができつつあること、また、選手全体の技術レベルや高い目標値を保っていられること、経営としてはまだまだであるが稽古体系としては軌道に乗りつつあることなど短期間にここまでたどり着けたことは実に奇跡的である。

この奇跡は100%、選手達の努力結果である。

今の聖基館は、選手一人ひとりの努力の上に成り立っているということだ。

 

そんな選手達が今秋の区大会で活躍することを私は信じて疑わない。

 

続きを読む 0 コメント

審査会&大会レギュラー選考会

 9月24日(土)、平成28年度第三回昇級昇段審査会&彩の国親睦大会(団体戦)の選手選考会を行いました。

 

今回の試験受審者は17名。若干少なめですが全員がよく頑張りました。審査はどんどん受けて、失敗も成功も同価値と捉えて今後に活かしてもらいたいと思っています。

一週間程度で合否発表する予定です。

 11月に出場予定の団体戦レギュラーを決める総当たり選考会。

小学生低学年団体は9名の推薦選手、高学年団体は4名の推薦選手によってそれぞれ出場3枠を争ってもらいました。

 

 積極的に練習してきた技を直向きに打っていた小山大樹の姿や一年生女子ながら四番目に順位をつけた田代花音、男子達が軒並み女子に負けていったことなど、大変興味深い内容でした。

 

数字だけを観れば結果は明確ですが内容的にはどの試合も接戦で、それだけに負けてしまった選手達もこれで諦めず、なお一層の努力を重ねて欲しいと思いますし、レギュラーに選ばれた選手は仲間の分までよく頑張って欲しいと思います。結果の以下の通り。

続きを読む 1 コメント

審判講習会に参加。

   2016年9月4日、杉並剛柔館本部道場にて杉並区空手道連盟主主催の審判講習会が行われ、当会の選手達15名と審判3名が参加してきました。選手達は最後にお菓子まで頂いておりました。感謝します。

 

選手にとっては、一か月後に迫っている秋季杉並区大会に向けた良い経験ができたと思います。

この経験を糧に本番も頑張れ~。

0 コメント

世田高の記念タオル

       

 

 

 

 先日、強豪世田谷学園空手道部のインターハイ記念タオルを制作しました。

優勝祝賀会や壮行会で流す映像制作のご依頼は時々あるわけですが、こういったデザイン関係のご依頼は初めてでした。

 

足跡は世田高空手道部のシンボルですよね。

インハイの結果はまずまず?

私が高校生の頃は東の世田高、西の柏原と言われていました。

その少し前は東京と言えば目黒高校でしたね。

時代ごとに強豪校に多少の変化はありますが、伝統のある学校も新鋭の学校もみんなが切磋琢磨して益々空手道が盛り上がっていければ良いですね。

 

池澤選手。大学で待っていますよ。

 

 

0 コメント

稽古雑感8/13

強化、全体ともに夏季合宿も終わって秋の杉並区大会へ向けた日々が始まっています。

秋季杉並大会は形、組手の両種目が開催されます。

年に二回の杉並大会、今回も選手達の活躍を期待しています。

瑛太の髪型。

ビフォアー&アフター。

 

横分けの方がカッコ良いと思います。


0 コメント

強化選抜クラス夏季合宿中です。

 全少の翌日、8/8から群馬に合宿へ来ています。三日目の今日、選手も私も疲労気味。半日OFFということで少し休みました。

空手家は下半身が命。

太っい脚へと強化することを目的に合宿をしています。写真の脚は、左が中学生、真ん中が34才。右が大学生。この合宿で太もも回りを1.5センチ増やしたいと思います。

続きを読む 0 コメント

全少終了。

2016年8月6日、7日の2日間、東京武道館で第16回全日本少年少女空手道選手権大会が開催されました。普段一緒に稽古をしている仲間やご父兄の皆様が応援にかけつけてくれました。感謝!

 

 5月に行った強化クラスの一時解散後、覚悟を新たに臨んだ3か月間は成緒自身はもちろん、お父様やお母様にとって大変な時間だったと思います。それでも、その覚悟と志があったからこそ今大会で4回戦進出が果たせたのだと思います。

 

とにかく今年の全少はこれで終わったわけですが、まずは田村ファミリーに『おつかれさま』と労いの気持ちをお伝えしたいと思います。覚悟を持って臨んだこの3か月間で成緒は急成長できたと思います。

 

もしこれが一年間だったら…。

 

彼の伸びしろはまだまだあります。

 

終わりは始まりの合図。

成緒は来年の全少へ、優人は来年の全中&中学生選手権へ、その道は既に始まっているのです。

 

 

 

 

 

 

 応援に来てくれたみんな、応援ありがとう。今日みんなが来てくれたことは本当にとっても嬉しかったです。成緒の勝利は皆の勝利です。

そんなみんなにも今日の大会応援をきっかけに気付いてもらえたら嬉しいことがあります。

それは、毎日をどんな気持ちで過ごすかが未来の自分を作るということ。

覚悟と志を積み重ねる一年を過ごすことは大変だけど、とっても充実することです。

 

 成緒は沢山の応援をしてもらったことを忘れてはいけないよ。

それは、家族や仲間たちから沢山の力をもらっているということです。

みんなからの応援を背にまた来年の全少を一緒に目指そう。

 

続きを読む 0 コメント

いざ、全少へ。

道場設立三年。

ついに全少ワッペンを道衣に着ける選手を輩出できました。

 

初めての全少。

何回戦まで勝ち進めるのか…。

 

田村選手の試合は第8コートで11時頃から行われます。

続きを読む 0 コメント

東京五輪正式種目決定

私たち伝統派空手道の念願。遂に決定。

目指せ未来のオリンピアン!!

2016夏季全体合宿2日目

続きを読む 0 コメント

2016夏季全体合宿。初日。

とりあえず無事に一日目を終了。

なんだか遊んでばかりのような写真ですが、稽古はきっちりやっています^^

 

怪我人0名

ホームシック1名(疲労には勝てず爆睡しておりますが)

池谷が担当している低学年男子組は思いのほか心が強い。

手間はかかるがやっぱり良い子ばかり。

女子は大声で恋ばな。in廊下。

怒られていました。

 

明日も頑張ろう~。

続きを読む 0 コメント

稽古雑感 7/6

 7月は和田中央児童館の使用ができず集会所に頼っています。

 

ホワイトボードにメチャクチャ可愛い絵が。

 

可愛いと言えばコヤツ。

ちょっかいを出して遊んでみます。

リアクションが面白い。

 

子どもらしい。それが子どもの仕事なら、コヤツは仕事のできるヤツ。 


続きを読む 0 コメント

関東少年少女大会が終了しました。

 第5回関東少年少女空手道選手権大会に当会の田村成緒選手が出場しました。

 

一か月後に控えた全日本少年少女大会に向けた良いステップとなりました。


続きを読む 0 コメント

関東少年少女大会へ

関東大会へ行ってまいります。

田村選手には、東京を一歩出た世界の高い壁を感じてきてもらいたいと思っています。

明日の経験を糧に今夏の全少で躍進できれば。

 

結果はまた報告致します。

 

行ってきます。

 

 

 

 

 

こたじいの道場生にも会えるかな。

 

0 コメント

ふれあい祭り 模範演武

第8回ふれあい祭り

 

6/26(日)

妙法寺境内で第8回ふれあい祭りが行われ、当会の選手8名が模範演武を行いました。

この日のために二か月間稽古に励んできた選手達の雄姿を沢山の方々に観て頂く大変良い機会となりました。

続きを読む 0 コメント

46回東京都空手道選手権大会

一回戦 河野誠(世田谷)

6-0

 

二回戦 末廣哲彦(八王子)

 3-0

 

三回戦 金谷準達(中央)

8-8

判定負け


恐らく骨に異常はないと思いますが、とにかく負傷しました。めちゃくちゃ痛いです。

まともに歩けないので、これから病院に行ってきます。

続きを読む 0 コメント

稽古雑感6/10,11

6月に入ってポロシャツ解禁。着用している選手が増えています。

 

新しく注文した人の分は6月下旬にお渡しできると思います。いましばらくお待ちください。


続きを読む 0 コメント

2015年の夏季合宿

今夏の合宿まであと二か月。昨年の様子を振り返ってみようと思います。

続きを読む 0 コメント

遊びではない分、エネルギー消費大。

 空手の稽古では、当然ですが運動を伴います。走り回って遊んでいるだけであれば子どもの体力は無限大ですが稽古となると話しは別です。

稽古では体力はもちろん、集中力を必要としますから、子どもが消費するエネルギー量は相当なものがあります。小さい子どもの場合、一日が終わろうとしている夜の時間は心も体もガス欠寸前だったりしますから、そんな子にとって空手を楽しむのはとても難しいと思います。ましてや当会のような厳しい稽古では大変でしょう。今日の稽古では、一人の選手について同様に感じました。あの子の余力をもっと早くに気づいてあげられれば良かったと後悔しています。

 

体が育って心の余力が備わってくるまでは無理なく続けることが大事なのだと思います。

週に1回でも月に2回でも結構です。それぞれの生活リズムに合わせて継続することをお勧めいたします。

 

もちろんできる子はどんどんやってください。最大で週に6回稽古ができます。

 

0 コメント

稽古雑感05/26 たかが空手指導者。

 今日の中級稽古は、久しぶりに本気で叱ってみた。子どもをしかる時、いつも心のどこかで自分に問うことがある。

 

『果たして自分は子どもに科しているほどできているだろうか』

『今しかることは適切なタイミングであろうか』

『感情的になっていないか』

 

問うというより、どこかから注意を受けているような、自分も一緒に叱られているような、そんな気がする。

自分の指導力や資質を問われているようで、これがなかなかしんどい。

そういうわけで、人さまの子どもをしかりつけるというのは自分にとっても少なからず負担になる。よちよち優しくやっているほうが幾倍もラクである。また、『しかる』は気をつけないと感情的な『怒る』にエスカレートする。それも時にして必要な気もするが基本的に大人は子どもに対して感情的になってはいけないと思う。『しかる』と『怒る』は紙一重であるが、そういう点では大きな違いがあると思われる。(ちなみについ先日、武道館でドアが閉まる寸前のエレベータに鬼ごっこで駆け込んで来た見知らぬ子ども三人に激怒した。それは、あの子達の命に関わることだからである。)

 

 今、私のもとに来てくれている子ども生徒の中で20年30年空手を続けてくれる人がどれだけいるだろうか。きっと9割以上に空手を辞める時がくる。それぞれが自分の道を進んでいってくれるならそれは嬉しいことであるし、確かに寂しいが、それで構わない。それで良い。では、あの子たちがいつか空手から離れていった後、刻み突きなり逆突きなり、平安五段なり、空手の技術がいったい何の役に立つというのだろうか。防犯護身の役には立つかもしれないが、それはこの平和日本であまり必要がない。でも私は、生徒でいる間だけでなく、微力ながらその後の彼らの人生の役に立ちたいと思う。だから、空手を続けている間だけ通用する技術なんてものは二の次である。本当にほんのわずかでも良い。彼らの人生の糧となるような稽古を心掛けたい。

 

本当はずっと一緒に居たいと切にせつに願うところではあるが、いつか辞めることを前提にというか、いつか巣立っていくことを念頭にしている。なんとも切ない。

 

今日、久しぶりに本気で叱ってみたことも、その判断に絶対の自信はない。

ただ、いつか巣立っていくであろうあの子達に伝えておきたい大事なことの一つであったのは確かである。

10年後、もしくは20年後、あの子たちが親になった時、自分の子どもに空手を勧めてくれるなら、それは最高の幸せだと思う。

 

たかが空手指導者。されど空手指導者である。

責任は決して軽くない。

 

0 コメント

国立大会&東京都小学生大会

国立大会

 5月15日(日)、第22回国立市オープン空手道選手権大会が国立総合体育館で行われ、杉聖から19名の選手が出場しました。

年々と選手レベルが上がっている国立オープン。うちの選手達もなかなか勝てなくなってきましたが、一生懸命戦う姿に大人は心打たれるのでした。

続きを読む 0 コメント

もしかしたら

 基本形に関するニュースが飛ぶことになるかもしれない。これは、末端の道場長にとっては大変な重要事項になる可能性がある。

今はまだ、ここまで。

0 コメント

審判道とは-3

こういうことは、きっと若いうちにしか書けないんじゃないかと。若いうちは許してもらえるんじゃないかと。これを読む先生方はきっと、心の広い先生方なはずだと。そう信じて…。

続きを読む 0 コメント

審判道とは-2

こういうことは、きっと若いうちにしか書けないんじゃないかと。若いうちは許してもらえるんじゃないかと。これを読む先生方はきっと、心の広い先生方なはずだと。そう信じて…。


続きを読む 0 コメント

審判道とは

こういうことは、きっと若いうちにしか書けないんじゃないかと。若いうちは許してもらえるんじゃないかと。これを読む先生方はきっと、心の広い先生方なはずだと。そう信じて…。

続きを読む 0 コメント

組手の四大要素(+1)Ⅳ 補足

 怒涛の忙しさで、すっかり更新をさぼってしまいました。もうしわけありません。組手の四大要素(+1)は今回で一旦最終回。(+1)についてはまたタイミングをみてお話しさせて頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ガード

続きを読む 0 コメント

一般的な大会参加のプロセスと形態について。

杉並区審判講習会
杉並区審判講習会

 2016年も大会シーズンに入り、いよいよ忙しくなってきました。

春季杉並区大会や国立大会はもちろん、東京都選手権だけでも幼、小、中、高、一般と四種類。その他にも選考会、講習会、公認段位審査会など、毎週末がイベントで埋まっています。

これだけ多くの行事が入ってくると日程が重なることも多々あります。

では、道場やそこに通う選手達がどのようなプロセスで何の大会にどのように出場するのでしょうか。

 

今日はそんなお話しです。

続きを読む 0 コメント

水曜稽古でミーティング

2016/04/06(水)

 6月のふれあい祭りで平安五段の模範演武をする強化三選手によるミーティング。

議題は『いつ、どこで、練習する?』でした。

普段の稽古で三人が集まる日の他に、毎週日曜に自分たちで集まって1時間ほど稽古をするそうです。

決まったことは、大まかにですが…

・毎週水・土の稽古時間内、後半35分を団体形の練習にあてる。

・毎週日曜日の午後2時半から1時間ほど済美山グラウンドにて稽古。

・その他、体調不良で練習を休む時、雨天中止の際の連絡方法など。

 

口を出さずに横耳で話しを聞いていましたが、成緒も大輝も成長したな~と感心。

とくに大輝は順序立てて話しを進行したり、他のメンバーから意見を求めたりと上手にまとめていました。結真もいつかこの役をやることに?と思うと楽しみなところです。団体形の試合にも出られるようになれると良いですね。日本武道館少年少女錬成大会とか。

 

形演武はもう一組あります。

初中級クラスは平安初段です。こちらも一生懸命頑張っていて6/26日本番が待ち遠しいところです。

続きを読む 0 コメント

杉並区空手道大会出場。     最多19表彰!!

 平成28年3月21日、荻窪体育館で第23回杉並区春季空手道選手権大会が盛大に開催されました。

 

 今大会は、杉並区、教育委員会、体育協会、スポーツ振興財団などが後援するオフィシャルな大会。組手競技のみが実施され、当会の選手達が最多19表彰の大活躍をしました。選手とご父兄の皆様、一日お疲れさまでした。

また、終日コート係の任に就いて頂いたご父兄の皆様ありがとうございました。 

 

結果は以下の通りです。

幼児の部

優勝  青木颯汰

準優勝 田代花音

第三位 松本拓人

敢闘賞 岩土凛香

 

小学1年の部

優勝  髙橋慶

準優勝 根方吾士基

第三位 古田結真

敢闘賞 佐藤伶

 

小学2年の部

優勝  田村成緒

第三位 佐藤小春

第三位 酒井杏

 

小学3・4年女子の部

優勝  天野日向子

 

小学3・4年男子の部

準優勝 小山大樹

第三位 柳原大輝

敢闘賞 北川琥太郎

 

小学5・6年男子の部

優勝  阪田優人

敢闘賞 滝本真己

 

中学女子の部

優勝  阪田さわ子

 

一般女子の部

第三位 西村悦美

ウォームアップの一コマ
ウォームアップの一コマ
決勝出場選手達と秘密ミーティング
決勝出場選手達と秘密ミーティング

大会写真

募集中ですm_ _m


続きを読む 0 コメント

組手の四大要素(+1)Ⅲ

 

 組手の四大要素。今回は、他の三つ全てに大きく関わってくる内容です。速い突きも、適切なタイミングも、高い防御力も全てはここから始まるのです。

 

 

 

 

 

 

フォーム フォームには、大きく分けて二種類があると思います。

①技を出すまで(もしくは、出されるまで)の構え。

②技を出している時、及び技を終える時の体勢。

 

細かく分ければさらに二つほどあるわけですが、このブログはプロを相手に書いているわけではないのでその辺りのことは省かせてください。

 

 

 

正解はありません。

 上記二点に関してですが結論から言えば『正解は無い』と言えます。フォームというのは、選手それぞれの体格や筋肉質、あるいは、考え方や戦略に応じてベストな形が変わってくるからです。ですからガチガチにこれでなければいけない!』というわけでなく、状況に応じて柔軟に変化ができることが求められるのです。しかしながら、≪自分にとって≫ ≪状況に応じて≫ ≪今のルールの上で≫ 何がベストなのか?そういうことを理解するには経験が必要になります。

経験を積むその間にフォームの基準となるものを身に着けると良いでしょう。

 

空手の世界で有名な教えで、故、船越義珍翁が残した空手二十訓の十七番目『構えは初心者、後は自然体。』とありますが、先人がこういった教え残しているのに対し、今の指導者がいつまでも自分のスタイルや考え方を選手に押し付けてしまうのは残念です。自分への戒めを忘れずにいたいと思うのです。

 

少し話しがそれてしまったかも?戻します。

 

 

 

癖の修正

 経験を積むまでの間に修練すべきフォームの『基準』ですが、癖を修正することと考えればよいと思います。

ここで言う癖というのは、一般的に理解される『偏って多いほどの(普通でない)仕方を繰り返して身についた習慣』というよりも『意図せずに現れる身体運動及び、意識下でも任意の身体操作が不能な状態』と考えてください。癖にも良い癖と悪い癖があるわけで、悪い癖を直していこうということです。

 

 

続きを読む 15 コメント

組手の四大要素(+1)Ⅱ

タイミング(早さ)

 

 前回は、『はやさ』には二種類あること。また、そのうちの速度的速さ『スピード』についてご説明しました。

今日はもう一つの『早さ』タイミングについてです。

 

 私がこれに気づいたのは空手を始めて4年が経った頃かと思います。ちょっと気づくのが遅かったのかな…なんて思ったりもします。

 

当時の私は技のスピードを磨くことに集中していました。それなりのスピードを身に着けて少し自信がでてきた頃、どうしても勝てない相手がいたのです。勝てないどころか触れられないような状態…。技のスピードはそれほど差がないはずなのに、必ず相手の技が先に届いてしまうのです。

 

 

 

 

 相手選手は、当時、東京都選手権ベスト4で道場の先輩でした。この先輩に勝つことがあの頃の私にとって一つの目標でした。

(先輩は公認五段を持っていたので、基本も勉強になりました。移動基本の時は必ずその先輩の真後ろの列に入って、自分との違いを探していました。)

 

 『いったいどういうわけか…。なぜいつもこの人の突きが先に自分の顎を捉えるのか…。』いくらチャレンジしても駄目でした。

結局私はこの課題を解決できないまま道場を離れて大学に進学することになるわけですが、大学空手道部では、道場で週に1回稽古をしていた私がインターハイ常連校出身の選手達と一緒に稽古をするのですから、それはそれは大変なことでした。同じ空手とは思えませんでした。

圧倒される日々が続く中、大学生として最初の夏を迎えることになるのですが、私はこの年の夏合宿でタイミングの基本を体感することになったのです。

 

 

 

 

タイミングの基本とは、早さの基本とは、先に出ること。

 

 打ち込み稽古の時のことでした。上級生の刻み突きに対して1.2年生が中段突きで返す内容でした。私以外の1.2年生は上手にカウンターがとれています。しかし私だけが先輩たちの突きをモロに頂戴するのです。先輩たちはまったく容赦しませんし、大学空手にはメンホーがありませんから、突きを頂戴する度に確かな痛みを覚えます。

 

『ああ、これ以上突きをもらったら、たぶん立ってられない…やばい』

そんな危機感と

『ちくしょう。なんでだ。突きを相手に届かせたい!!』という悔しさが入りまじったその時、私の体は一人でに前に進みました。

相手の突きが出てくるのを待たずに自分から間合いに入っていったのです。すると相手の突きは私の右頬横で空を切り、私の体は相手の懐に潜り込み、突きは、確かに相手中段へ到達したのです。

 

あの時の感覚は今でも鮮明に覚えています。それはそれは、もうとても気持ちよくて、最高にスリリングで、組手で初めて快感を覚えた出来事でした。

 

 

 

 

 

体感速度は時速300キロ

 

 空手の突きは、体感速度300キロ超ともいわれています。

考えてもみてください。そんな速度の突きが1メートル以内から自分に向かって飛んでくることを。

 

有名な話しですが、世界で最も速い球を投げる投手はメジャーリーグのチャップマンでしょう。

彼の投げる球は最速で105MPHですから、時速170キロ程度です(凄い…)。

しかしそれでもピッチャーマウンドからバッターボックスまでは18メートルほどの距離があるわけです。

 

くどいようですが、伝統派空手の突きは、1メートル以内から飛んできます。

それを避けられるでしょうか?避けつつ反撃できるでしょうか?

 

答えは簡単。

無理です。

 

(下動画は、もっとも前拳の動きが速かったころの志水選手。あまり良い例がみつからなかったのですが…。)

続きを読む 0 コメント

買ったぜ!加湿空気清浄機

 道場をできるだけ清潔に。

きっとそれも選手達の成長をサポートする働きになるはず。

 

 暑い寒いもありますが、空気質は、スポーツをする上でそれらと同じくらい大切なことなのかもしれません。

 

 

 

 

私もこれで、だいぶラクになるww

0 コメント

組手の四大要素(+1)

 大会に行ってみると、『わぁ、この子は上手だな~』なんて思うことはありませんか?何が上手で何が下手なのか分からなくとも、確かに違いを感じますよね。さてはて、一体何が違うのか…。技術的なお話しです。

 

組手競技の実力を観る場合ですが、大きく分けるとファクターは四つあると思います。すなわち

『スピード』

『タイミング』

『フォーム』

『ガード』  の四つです。

 

左の参考画像は、強化選手(2016年3月初旬)の評価記録です。

(2月記録と比べて全体的に成長しています。)

 

今週は、この四つについてブログに書いていこうと思います。

 

 スピード(速さ)

 

 これを考えるにあたって、『はやさ』には二通りあることを理解しなければいけません。一つは、時速何キロと評価されるもの。もう一つは遅刻早退などの場面で使われるものです。要するに『速さ』『早さ』言い換えるとスピードタイミングということになります。

例えば、どんなに走るのが速くてもスタートダッシュで出遅れると追いつけないということです。この二つの『はやさ』。どちらが欠けてもトップ選手にはなれません。

 

 私の指導の場合、最初に磨く物の一つがスピードです。小さい大会で勝つだけであればスピードだけでそれなりの結果が出ると思います。

恩師、馬場良夫先生が『速いが一番』とよく言っていたことに影響されたのかもしれません。

私は野球に例えるのが好きでして、スイング速度で言うならば一般的な高校球児は100~110キロくらい。プロ選手でも140キロ前後とされているのに対し、メジャーでも成功した松井秀喜選手は160キロ近いスイング速度だったそうです。

 

下の映像は松井選手のスイングとしては遅い方だと思いますが、それでも、動画最後のスローを観て、腰の反転速度とそれに連動して高速で弧を描くスイングには芸術を感じてしまいます。

 

続きを読む 0 コメント

2016桜花空手道交流大会

気づきますか??実は審判デビューのお二人。
気づきますか??実は審判デビューのお二人。

2016年2月28日(日)

 足立区の花畑地域学習センターにて第三回桜花空手道交流大会が行われ、杉聖から11名のエントリー、9名の選手が競技に参加しました。来月の杉並区大会に向けて、また、5月の東京都選手権に向けてとても良いステップになりました。

入賞者は以下の通り。

 

幼児形       第三位 吉野瑛人

1年生組手     優勝  髙橋慶

1・2年女子組手  準優勝 酒井杏

3年男子組手    準優勝 柳原大輝

続きを読む 0 コメント

来月から堀南稽古復活です。

 施設内工事の為、昨年11月から利用できなかった堀ノ内南児童館が3月17日(木)から再び使用できることになりました。詳しくは、ほかのスケジュールと合わせて近日中にお知らせいたします。

 

どんどん稽古しよー!!!

0 コメント

ニューズレターをご紹介していきます。

 東京五輪に向けてWKFがいろいろと頑張ってくれている。奈蔵先生の下で秘書としてコビちゃんも頑張っているらしい。

そんな彼女が定期的にニューズレターを制作している。せっかくだからホームページでも紹介していこうと思う。

今、空手が盛り上がってるんですよ。ということを少しでも実感してもらえればと思う。

1~21のバックナンバーは、配布物ページに順次アップしていくつもり。

 

東京五輪正式種目決定となる今夏が待ち遠しい。

0 コメント

手術、インフル、はに丸。

 前十字靭帯断裂から再建手術までの数年間、幾度も膝の脱臼を繰り返していたために、池谷の半月板はボロボロになっていた。前十時再建術の時に回復を見込める半月板は縫合したわけだが、それから二年後、回復が見込めない半月板部分が損傷しロッキングが起きるようになっていた。

 

 半月板は消耗品。膝の脱臼時に多くを消耗してしまった池谷は、今後長くこの膝と付き合っていくため、また、十分な指導を継続していくために自身の選手活動を抑えることを止む無く決めて手術に踏み込んだ。

 

 思い起こすのは5年前、地元の小さな医院で【前十時は問題ない】と診断されたあの時のこと。本当はあの時すでに池谷の前十時は大きく損傷していた。あの時、MRI設備のある信頼できる病院で診断してもらっていれば…。

しかし時間は戻らない。これもまた神様のご計画なのだと理解している。これから注意しなければいけないのは、先のある選手たちに私と同じ道を歩ませないこと。

続きを読む 0 コメント

鏡開き懇親会

 2016年1月10日(日)、稽古始め兼、新年会兼、鏡開き兼、懇親会を開催しました。

今年は参加者半分くらいでしたが、それでも存分に楽しい時間を過ごせました。感謝。

続きを読む 0 コメント

年内最終稽古

12/26(土)

2015年の最終稽古と審査会が行われました。今年は参加者が少なかったですね。

 

 さて、この一年ですが、私にとってあまりにも速い一年でした。

選手と稽古のことで頭がいっぱいでして他の事は何も考えないで突っ走ってきたものですから、もう本当にワケがわからないくらいあっという間。

 前十字靭帯の手術から2年。

やっとこさ、お医者からの太鼓判をもらって年始の大会から競技復帰する予定でしたが、今度は半月板の損傷で2月の入院が決まってしまいました。

もうこのまま私の選手人生は終わってしまうかもしれません。無念。

でも、やる気に満ちた選手達が道場にはわんさかいるのです。それは本当に私にとって救いなのです。

 

もしかしたら先生は、もう飛べないかもしれません。

でも君たちは、まだまだ飛べるはずです。

 

新しく迎える一年が、君たちにとって羽ばたける一年となりますように。

続きを読む 0 コメント

��e