保護者の声

石塚様

次はいつ行けるの?

 我家は初めての子育てという事もあり、家の外では自分の意見をうまく表現できない息子をどうすれば良い方向に変えられるかと色々、試行錯誤しながら過ごしていました。その中で去年9月に習い事の帰りにたまたま聖基館の空手教室をみつけ体験入会から通わせて頂きました。最初は息子がいきなり空手を始めて大丈夫かと心配しましたが、初日から一生懸命先輩たちの稽古する姿を楽しそうに見様見真似でやろうとしたり、帰宅時には「次はいつ行けるの?」などと私たちに自分から聞くほど楽しかったのだと思いました。

礼儀の大切さ

 当初の心配は杞憂に終わり、今も本人は毎回稽古を楽しみにしながら通わせて頂いております。それは池谷コーチや他の指導員の方々による温かく、時に厳しい真剣な指導。そしてその指導を長く受けてきている年長の黒帯の先輩、色帯を付けた他の生徒さん達のおかげだと思います。また、道場で重んじている「礼儀の大切さ」は息子を変える大きな要素だったと思います。道場での出入りでの一礼、玄関で靴を整列させる、受け答えははっきり大きな声で答える。これらの道場では自然に行われている事は我が家や学校では行われておらず、息子については週3回道場に通っていく中で自然と身に付きました。

変化と自信

 3歳の年少クラスから空手を始めて約1年、周りの方々からも「見違えるように成長をした」「どんな方法でここまで変わるのか?」と驚かれます。そうした子供でも分かる称賛の言葉に包まれる事で息子も自信が着き、今ではしっかりと自分の考えを行動に移したり相手に伝える事が出来るようになりました。父親も一緒に空手を始めたことで父と息子の時間も増え、毎日仲良く練習をしています。

佐藤様

 中学校1年生の息子と、アラフィフの私自身がお世話になっています。はじめに聖基館に入会したのは、息子が小1の頃でした。学校の体力テストで腹筋がゼロ回だったことに親子ともショックを受け、「運動を始めなければ」と思い立ったのがきっかけでした。闘いごっこが大好きだったことから空手が合うかと思い、ネットで調べて近隣だった聖基館を見学しました。 

緊張感のある稽古

 道場に神棚はなく、個人の肖像写真もありません。選手たちが言い交わす返事も「押忍」ではなく「はい」。いずれも私が空手に抱いていた閉鎖的で敷居が高いイメージを覆すものでした。息子は緊張感みなぎる稽古の雰囲気に圧倒されながらも、池谷先生の形に「めちゃめちゃかっこいい!」と感動して自ら入会を決めました。

先輩が後輩に教える

 それから6年。息子は長期の休会を挟みつつも、細く長く続けてきました。池谷先生の厳しくも愛がこもったご指導と聖基館の選手たちが醸す雰囲気のおかげです。聖基館の稽古では先輩が後輩の指導をしたり、面倒を見たりする姿がよく見られ、他者への気遣いに溢れています。池谷先生から滲み出る「愛」と、武道ならではの「礼」がしっかりと根付いていることを感じます。息子には吃音があり、小学校の頃は仲間にからかわれることがしばしばありました。習い事によってはそれで居づらくなって辞めたものもあったのですが、聖基館ではそのようなことはありません。聖基館は息子にとって居心地の良い場所です。今、息子は「空手のおかげで運動神経が良くなった」と言い、自分に自信を持てるようになりました。学校ではいつのまにか周囲から一目置かれているようです。

心と向き合う

一方、私が入会したのは40代中盤の頃でした。日々感じる身体の衰えを何とかしようと、軽い気持ちで入会しました。仕事の関係で平日の休みが多いことから、園児や小学生に混じってゼロから始めました。私にとっての空手は全身の神経を研ぎ澄まし、理想の動きに自分の肉体を近づけていく過程。勝ち負けを争う格闘技というより、自分の身体や心と向き合う場のようなものです。仕事がうまくいかず、ざらついた精神状態の時でも、稽古で集中すると、波立つ心がサーッと鎮まっていくのを感じます。空手をはじめてよかったと思う瞬間です。

 

親子揃っての空手ライフ。聖基館と出会って人生が変わりました。あつく御礼申し上げます。


林様

 日本の空手道場がどんな感じか試してみる?がきっかけで初めて道場に来たのは息子が3年生の春休み、海外に住んでいるので正会員になれない息子をラッキーな事にこちらの道場で体験をさせてもらうことが出来たのです。しかし生温い海外の空手に比べ、その厳しさはかなりのもの。挫折寸前でした。それでも頑張れたのは回りの子達や先生の熱い指導のおかげで、空手が好きになりました。

 

 

二度目の体験レッスンもさせてもらいました。その時です。画期的に彼が変わったのは。夏だったので合宿にも半ば強引に参加させてもらいイギリスで3年間やっていても出来なかった形がなんと出来るようになっていて私に見せてくれたのです。今まで練習の成果なぞ見せてくれたことなんてないのに驚きました。そして自発的に練習もするようになり、こんなにも変わるものかと…。池谷先生の指導、道場に通うことが出来て出会えた先輩達の教えで変わったのだと実感した時でした。

技術的にはまだですが、これからもっと空手を好きになって精神的にも肉体的にも切磋琢磨してほしいです。

柳原様

小学二年生の息子に空手を学ばせています。年長時に入会し、もう少しで入会一年半を迎えるところです。その息子が最近、少し変わったなぁと思うことが一つあります。それは、自分で目標を立てて、それに向かって努力できるようになってきたことです。 

 

 人から与えられたものではなく、自分で考えて頑張って成果を出喜が少しずつ芽生えてきたような気がします。稽古で上手くいかない時や試合に負けた時に流す涙が単なる悲し涙から悔し涙に変わってきました。息子なりに自分に対する悔しさを感じられるようになったのだと思います。

 

 空手道の魅力の一つに、定期的な昇級昇段審査や練習試合といった成長の度合いを測る機会が多いことがあげられます。基礎体力や記述はもちろん、精神力の成長も肌で感じられます。技術の向上以上に空手道を通して人にやさしく自分に強い人間になってほしいと願っていましたから、親としてこの成果にとても感謝しています。それでも試合になると我を忘れて熱くなり叫んで息子を応援する私がいます(笑)。

 私自身は、これまで武道とは全く無縁でした。ですから、武道を通して人間教育をしていただけることがこんなに素晴らしいとはまったく知りませんでした。

人一倍子どもの好きな先生方のもとで愛情いっぱいに、そして厳しい稽古を受けることで日々息子が成長していき、私は息子の姿をいつも微笑んで見ています。このような道場の雰囲気は、道場のHPや先生のブログを見て頂ければご理解いただけると思います。しかし、一番は実際に稽古をしている姿を見学されることをお勧めします。


 お問合せ

【受付時間】12:00~21:00


【事務所】166-0013杉並区堀ノ内3-9-14-2F suginamikarate@gmail.com